なぜ家族葬が選ばれるのかを説明します

身内や身近な人が急に亡くなった時は、親族に近い側であればただ悲しみにくれているだけではすまなくて、その後に行う葬儀のためのいろいろな準備に取り掛からなければならないことでしょう。急なことで慌ただしい対応を迫られる中で、お葬式のスタイルによって業者選びもしないといけません。気が動転してしまってどのように段取りをすればいいか迷ってしまいますが、個人の意思で葬儀スタイルが決まっていない場合には、まずはどのような形式のお葬式とするのかを身内同士で話し合う必要があります。そんな中、近年になってからは従来のような葬儀スタイルとは違う、家族葬というスタイルが増えてきています。これは核家族化が進み、大家族として代々住み続けている地域での大規模なスタイルよりも、核家族に合わせた小規模な葬儀スタイルへの需要が伸びてきたことも理由の一つです。

必要な内容だけで執り行うことが多い家族葬

家族葬というのは、身内の親族や普段から特に親しい友人、知人だけで葬儀を執りおこなうスタイルで、従来の葬儀スタイルよりもコンパクトになっています。身内の不幸で疲れている親族にとっても、小規模な葬儀で執り行うことは少しでも負担を減らすことができますし、その分かかる費用面でも負担が減ります。葬儀規模の大きさに関わらず、故人への思いやお悔やみの気持ちは同じでしょうし、むしろコンパクトな集まりの中で、じっくりとひとりひとりが故人とのお別れができるという意味でも、家族葬を望まれている方は多いものです。葬儀関連業者によっては、基本は家族葬であっても親族の希望に沿って、さらにお花や食事などオプションを充実させることができる業者もありますので、残された者にとって本当に必要な内容での最期のお別れをすることができる葬儀スタイルだと言えます。

家族葬は従来の葬儀よりも小規模なスタイル

家族葬は身内とごくごく親しい人だけで行いますので、従来の昔からある一般葬儀スタイルよりは小規模なものになります。集まった者達がお互い気兼ねない間柄なので、ゆっくりと故人との思い出話に浸れる葬儀です。そうは言いましても参列する人数などは、全くのご家族だけで執り行う場合もあれば、故人や親族に合わせての対応ができる場合が多いです。費用の面は規模に合わせて組まれますが、一般葬儀よりも安く抑えられる事が普通ですので、その点でも家族葬は選ばれやすいスタイルだとも言えますし、需要が増えてきたことから、葬儀関連業者の多くが家族葬を扱っています。葬儀の規模をもう少し大きくさせたい時には、祭壇の飾り付けやお花を増やすなど、親族の意見を反映させるプランがある家族葬もありますので、ご家族や親族と話し合って最終的な調整もできることが多いです。