家族葬のおすすめポイントについて

突然やってくるのが、別れです。大切な人が亡くなる事は、そう珍しくありません。元々病気だったりしなければ、別れは突然の事が多いです。仮に病気だったとしても、今日がその日だと考えている人は滅多にいないでしょう。そんなさみしさの中でも行なわなくてはならないのが、葬儀です。葬儀は通夜と告別式などで構成されており、昔は近所の人たちが集まって通夜の準備をしたり、参列したり、自宅で行なう事も多かったものです。しかし近年では葬儀屋に依頼する人の方が多くなってきており、中でも家族葬が大きな支持を集めています。従来、通夜や告別式にはそれまで故人と関係があった人たちが参列し、親戚一同が会し、火葬を経て終了というかたちが一般的でした。ではそんな従来の葬儀と家族葬は何が違うのでしょうか。また、家族葬のおすすめポイントとはどんな事でしょうか。

従来の葬儀と家族葬の違いについて

従来の葬儀と家族葬では、何が違うのでしょうか。通夜や告別式、火葬、それらの手順などになんら変わりはありません。何が違うのかというと、規模です。従来の葬儀は親戚から近所の人たち、関わりのあった人たちが参列して、時にはかなり多くの人たちが参列して別れを惜しみます。それはそれで素晴らしい葬儀なのですが、人数が多くなれば多くなる程、費用もかさんできます。また、遺族なさまざまな準備や参列者への対応などに追われる事もしばしばありました。それに比べて家族葬は親戚までの関係に参列者をとどめておく事になります。多くても30人程度の規模が家族葬に値します。小規模ですが、故人とのお別れはしっかりしますし、決して手抜きとかそういう理由で家族葬にするわけではありません。ポイントを見ていきましょう。

家族葬のおすすめポイントについて

小規模で行なう家族葬は、大規模な葬儀と比べて遺族の忙しさが違います。だからこそ、故人とのお別れがきちんとできるメリットがあります。最もお別れをしたいのは、家族親戚の近しい人です。その人たちが故人との最後をゆっくりと過ごせる為、支持されているのです。また、規模が小さくなる為、費用も抑えられます。加えて、遺族が参列者に気を配る事も無くなる為、精神的な負担が少なくなるのも、メリットのひとつです。気をつけていただきたいのが、家族葬だからと参列できなかった人たちが、のちに弔問に訪れる事があるという事です。多くの人が訪れる可能性がある場合には、家族葬は向きません。また、基本的には費用を抑えられるものですが、稀に従来の葬儀よりも費用がかかる事もあります。そのあたりも考慮して、家族葬にするのかを決めていってください。