家族葬をあげるなら気をつけたい注意点

大切な家族を喪った時、遺族はもちろん悲しみます。悲しみの中でやらなくてはならないのが、葬儀です。人は亡くなったら腐敗していきます。その為、葬儀を行う時間には制限があります。いつまでもそのまま放置するわけにはいきません。ですから遺族は悲しみを拭えないまま、葬儀の場所や方法を決めていかなくてはなりません。最近では終活という言葉が出てきている様に、亡くなった故人の意向というものがあるかもしれません。その場合は、希望に沿って葬儀を進めていきましょう。そうではない場合には、従来の葬儀を行うのか家族葬にするのか、決めていく必要があります。最近では家族葬が多くの支持を集めており、よく行なわれています。では、従来の葬儀と家族葬の違いやメリットなどについて解説していきましょう。

従来の葬儀と家族葬の違いを解説

従来の葬儀と言えば、通夜を自宅で行なったり、葬儀屋で行う場合にも多くの参列者がいたりと、わりと大規模なものを想像するでしょう。それに比べて家族葬は小規模で行なうものになります。通夜や告別式などの手順に関して何ら変わりはありません。つまり、家族や親戚など多くても30人程度までで行うものを、家族葬と呼んでいるわけです。故人が家族葬を希望していたり、遺族が家族葬にしようと決めたり、選択する基準はさまざまです。しかし近年この家族葬が多く行なわれています。それは以前と比べて近所づきあいの程度や葬儀に関する考え方が変化してきているからかもしれません。ただ、どちらにしても故人を悼む気持ちに変わりはありません。どちらがいい悪いではなく、自分たちに合っているかどうかが判断基準になってきます。

家族葬を選択するメリットについて

では、家族葬を選択する事のメリットについて見ていきましょう。まず従来の葬儀と違って小規模ですから、費用が抑えられます。そして、参列者への対応も無くなりますので遺族の精神的負担も減ります。更にはそれによって遺族が故人とのお別れをゆっくり行えるのも、大きなメリットです。逆にデメリットを挙げるとすると、費用面では基本的には従来のものより抑えられる傾向にありますが、参列者が少ないという事は香典が少ないという事になりますので、場合によっては同様にかかってくる事もあります。また、参列したくても出来なかった人が、葬儀後に弔問に訪れるケースもあります。弔問客が多く見込まれる場合には、負担になってしまいますし、香典をもらった場合に香典返しもしなくてはならなくなり、二度手間になったりもします。時と場合によっては家族葬よりも負担が増えてしまう事もありますので、注意が必要です。