従来の葬儀と家族葬の違いを徹底解明します

従来、葬儀は自宅に僧侶に来てもらって行っていました。そして、喪主も親族も、故人と存分にお別れができるように、近所の人たちが親族に代わって会場づくりや弔問客をもてなす準備を手伝っていました。その名残で、葬儀会場を使用するようになっても、町内の方々にも参列してもらって盛大に見送りをするのが一般的な葬儀の形でした。しかし、転勤等で生涯に何度も引っ越しをする家庭が増え、町内のつながりが薄れてくると、親族のみで故人を見送る葬儀の形式が徐々に広がってきます。このように、親族のみで行う葬儀は、家族葬と呼ばれますが、葬儀の流れは、一般葬と大きく変わるものではありません。家族葬であることが伝えられれば、故人と面識のある方が、葬儀への参列を迷わなくてよいので、葬儀の形式を伝えることはお世話になった方々への配慮にも繋がります。

家族葬は葬儀に関わる諸々の負担を軽減できます

家族葬を行う最大のメリットは、葬儀に出席する人の人数がすぐに把握できることです。葬儀の会場や控え室の広さを検討したり、通夜振舞いや返礼品の用意を余分に準備することが不要になります。哀しみに暮れている状態で、親族と連絡を取り合って葬儀に関わる細かな調整を行うのは、親族間であっても精神的疲労を大きくします。その点、葬儀の儀式の部分に十分に集中できるという家族葬のメリットは大きいものがあります。一緒に住んでいなかった高齢の親の葬儀を行う場合に、親の付き合いを調べて、一報する先を列挙する作業は容易なことではありません。故人と面識がなくても喪主や子息の職場関連の人が葬儀に参列することは、一般的な葬儀では行われていますが、このような参列者の人数を予測する必要がない家族葬は儀式のみに集中できる葬儀です。

家族葬に必要な費用を把握してスムーズに

家族葬は親族を中心に行う葬儀なので、故人と縁のあったたくさんの方々に参列してもらう一般的な葬儀に比べて、葬儀費用がかからなくなると思われやすいです。しかし、トータルでかかる葬儀費用を比較すると、一般的な葬儀に比べて、それほど大きな差は出ないと思っておいた方が良いです。というのは、葬儀会場は出席する親族の人数に見合う規模の会場を使用するのでよいのですが、祭壇や棺は家族葬向けの小さいものになるというわけではないので、会場使用費用以外は一般葬と同様にかかるからです。返礼品の用意が限られてくるのも利点ですが、一般葬の時のように参列者の香典を受けないので、葬儀費用は全額親族で賄うものとなります。このような費用の面も考慮して家族葬を行うと、スムーズに葬儀を迎えることができます。